スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元・光GENJI赤坂被告、懲役1年6月判決(読売新聞)

 解散した人気アイドルグループ「光GENJI」の元メンバーで覚せい剤取締法違反(使用)に問われた東京都立川市若葉町、元飲食店店長赤坂晃被告(36)の判決が30日、千葉地裁であった。

 新井紅亜礼(くあら)裁判官は「覚せい剤への抵抗感は感じられず、規範意識が鈍麻しており、刑事責任は重い」として、懲役1年6月(求刑・懲役2年)の実刑判決を言い渡した。

 判決によると、赤坂被告は昨年12月28日頃、新宿区内のホテルで覚せい剤を気化させて吸引した。赤坂被告は2007年11月、覚せい剤を所持した罪で懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受け、執行猶予中だった。

 新井裁判官は「一世を風靡(ふうび)したアイドルグループのメンバーに、このような判決を出さなければならないのは残念。出所後、あなたを取り巻く状況は厳しくとも、地道に努力して更生することを期待します」と説諭した。

児童ポルノサイト、リスト化して閲覧防止へ(読売新聞)
時効まで1年、犯人捜す父のビラ配布20万枚(読売新聞)
社民・国民新「ホワイトビーチ案」撤回で一致(読売新聞)
<振り込め詐欺>「キング」に懲役20年判決…東京地裁(毎日新聞)
共産党の機関紙配布、元社保庁職員に逆転無罪(読売新聞)
スポンサーサイト

<菅財務相>「財政健全化法」提出を検討 超党派で目標共有(毎日新聞)

 菅直人副総理兼財務相は24日の予算成立を受けた会見で、財政再建に向けた数値目標や工程を定めた「財政健全化法」の今国会提出を検討すると述べた。11年度から3年間の歳入・歳出の骨格を示す「中期財政フレーム」と、財政再建の道筋を示す「財政運営戦略」を6月に策定するのを受け、国会での議論を通じた超党派での目標共有を目指す。

 菅財務相は、健全化法に盛り込む内容について「これから検討する」と明言を避けたものの、新たな施策を実施する場合にはその経費を上回る財源を安定的に確保する「ペイ・アズ・ユー・ゴー原則」や、プライマリーバランス(基礎的財政収支)、公的債務残高の対国内総生産(GDP)比率の数値目標などを「中期財政フレームで考えなければならない課題」と例示。自民党が参議院に財政健全化責任法案を提出したことに触れ、「国民的な超党派の場で議論することが、国難とも言える状況には必要ではないか」と述べ、与野党協議を提起する考えを明らかにした。

 財政健全化を目指す法律では、97年に橋本政権が財政構造改革法を策定したが、アジア通貨危機などを受けて翌年に停止、凍結に追い込まれた。菅財務相は「経済が変動した場合の柔軟対応が盛り込まれていなかった」と述べ、経済実勢に合わせた実現可能な内容を検討する考えを示した。【坂井隆之】

【関連ニュース】
郵政改革:消費税減免「聞いてない」…菅財務相
菅財務相:雇用対策を強調
民主東京都連:菅副総理の会長辞任決める
菅財務相:日銀と懇談の場を…デフレ対策で連携強化へ
沖縄返還:無利子預金認める 菅副総理「米通知で判明」

皮肉?中井国家公安委員長、北教組の資金提供「うらやましい」(産経新聞)
防衛相、午後から沖縄訪問 普天間移設問題で知事らと意見交換(産経新聞)
<桑田真澄さん>早大大学院を修了「研究の奥深さ知った」(毎日新聞)
児童虐待、過去最多の725件=09年の人権侵犯-法務省(時事通信)
<兵庫県弁護士会>司法試験合格者1000人に減らして (毎日新聞)

足利事件再審 裁判長が菅家さんに謝罪(産経新聞)

 足利事件の再審判決公判で宇都宮地裁の佐藤正信裁判長は、菅家利和さん(63)への無罪言い渡しの最後に、「菅家さんの真実の声に十分に耳を傾けられず、17年間の長きにわたり自由を奪ったことを再審公判を担当した裁判官として謝罪します。申し訳ありませんでした」と述べ、佐藤裁判長以下裁判官3人が起立し深々と頭を下げた。

 佐藤裁判長は、判決言い渡し後、「事件につきまして自戒の意味を込めて菅家さんに謝罪させていただこうと思います」と述べ、謝罪を始めた。裁判官3人で頭を下げた後、佐藤裁判長が「二度とこのようなことを起こしてはいけないとの思いを強くしました。今後の菅家さんの人生に幸多きことをお祈りします。菅家さんの思いを胸に刻み、再審公判を終わります」と述べ、閉廷を告げた。

 菅家さんは裁判長の言葉に黙って頭を下げた。

【関連記事】
足利事件の再審 菅家さんに無罪判決
足利再審判決後に市民集会 「無罪判決を祝いたい」
足利再審 検察当局、控訴しない方針
足利事件 誤判原因は解明されたのか
足利再審 異例のテープ再生 生々しい取り調べを再現
あれから、15年 地下鉄サリン事件

父親に刺される? 長女と妻死傷=自宅に刃物、所在不明に-大分(時事通信)
神奈川県不正経理、電動自転車・トナーなど購入(読売新聞)
介護施設「利用者本位のサービス提供を」-日医委員会(医療介護CBニュース)
<野焼き3人死亡>突然の逆風、炎襲う…直前の風速16m(毎日新聞)
高松塚古墳 保存まずく壁画劣化 文化庁検討会が報告(毎日新聞)

<盗撮>名古屋高検の検事が辞職願 罰金命令受け(毎日新聞)

 名古屋区検は19日、女性のスカートの中を盗撮しようとしたとして愛知県迷惑防止条例違反容疑で書類送検された名古屋高検の梁取(やなどり)一夫検事(44)を同条例違反で略式起訴した。名古屋簡裁は同日、罰金50万円の略式命令を出し、梁取検事は全額納付した。

 同高検によると、梁取検事は高検の事情聴取に「1年くらい前から3回盗撮した。好奇心からやってしまった。こんなことをして申し訳ない」と話しているという。

 同高検は同日、梁取検事を停職3カ月の懲戒処分にし、梁取検事は同日付で辞職願を提出した。【加藤潔】

【関連ニュース】
盗撮容疑:名古屋高検検事を書類送検 スカート内を携帯で
盗撮容疑:スカート内にデジカメ 巡査を逮捕 神奈川県警
盗撮:疑いの高検検事、17日にも書類送検へ 愛知県警
盗撮:容疑の機動警察隊長を逮捕 北海道警
盗撮容疑:警視庁の巡査長を書類送検

道路に赤線、意味わかる?(読売新聞)
JAL、ANA計97便欠航、1万5千人に影響(読売新聞)
旧経営陣に18億円の支払い命令 足銀破綻めぐり(産経新聞)
<参院三重選挙区>自民県連、小野崎氏を擁立(毎日新聞)
岩手県発注工事で80社の談合認定=指名停止に「減刑嘆願」も-公取委(時事通信)

平沼氏との連携にも意欲=鳩山邦氏(時事通信)

 自民党に離党届を提出した鳩山邦夫元総務相は16日午前、大型連休前の結成を目指す新党に関し、都内の自宅前で記者団に「平沼(赳夫元経済産業相)先生とは7割、8割以上は大体向かっている方向が一緒だ。大いに話し合っていきたい」と述べ、与謝野馨元財務相や舛添要一前厚生労働相に加え、無所属の平沼氏との連携にも意欲を示した。
 鳩山氏は、15日夜に舛添氏と電話で話をし、2010年度予算案の成立後に改めて意見交換することで一致したと明らかにした。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実

たばこも要求、コンビニ強盗が現金と3カートン奪う(産経新聞)
色×15の臨海オフィス 東京・臨海副都心に出現(産経新聞)
雑記帳 「龍馬銀貨」5月発行(毎日新聞)
<民放連>広瀬会長「行き過ぎ」 総務省の自殺報道照会(毎日新聞)
首相夫人、韓流スターとまた会食(産経新聞)

ラ・マンチャのワイン 品質で世界競争力向上(産経新聞)

 スペインワインの輸入量が増える中、小説「ドン・キホーテ」やミュージカル「ラ・マンチャの男」の舞台となった同国のカスティーリャ・ラ・マンチャ州のワイン普及を目指す地元財団が、千葉・幕張メッセで2~5日に開かれた国際食料・飲料展示会「FOODEX JAPAN2010」に初出展し、来場者から熱い視線が向けられた。

 出展したのは、2004年に発足したカスティーリャ・ラ・マンチャ・ワインカントリー財団。同州のブドウ畑は首都、マドリードの南東部にあたる国の中央部に広がり、50万ヘクタールを超え世界最大級で、同国のワイン生産地の半分を占める。栽培品種は白ワイン用のアイレンが圧倒的に多く、赤ワイン用のセンシベル(テンプラニーリョ)が続く。

 かつては「がぶ飲み用の安酒」という印象が強いバルクワイン(自家詰めせずに売られ、ブレンドされて別ブランドで販売されるワイン)の供給地として知られたが、最近は木の植え替えや最新技術の導入、地域外からの投資などにより、「顔の見えるワイン」として品質が飛躍的に向上。若飲みタイプばかりではなく、たるで長期熟成させた赤ワインのコストパフォーマンスが高いことから、国際市場での競争力をつけ始めている。

 同州農業・農村開発省ゼネラル・ディレクターのフランシスコ・マルチネス・アロヨさんは「日本の伝統料理にも合う。若い世代にアピールしていきたい。一度テイスティングしたら、皆さん気に入るはず。日本の市場に期待している」と話した。

【関連記事】
フランス人はグルメよりグルマン
英老舗ワイン商が日本進出 出荷前予約し売却で利益も
瓶詰め前のワインを予約販売 英王室御用達の老舗が日本でも展開
【食を楽しむ】東京・銀座「NAPA」 ナパのワイン 引き立てる味
石田純一、理子にワインにホロ酔い気分

<自民党>参院選 選挙区で追加公認候補を発表(毎日新聞)
<朝まで生テレビ>田原氏発言「問題あり」BPO(毎日新聞)
上限料金制「予定の6月から」=前原国交相(時事通信)
「11年の集大成、いい仕事を」=シャトル飛行控え-山崎さん(時事通信)
2月のエコポイント受付数と発行数、月単位で過去最多(産経新聞)

<廃棄輸入義務米>バイオ燃料など有効活用を検討(毎日新聞)

 カビが生えたりして廃棄された輸入義務(ミニマムアクセス)米が1月までの1年間で1096トンに上っていることを受け、農林水産省は16日、廃棄せずにバイオ燃料などに有効活用できないかどうか検討する方針を明らかにした。舟山康江農水政務官は「廃棄は安易。需要を確認し捨てない方向で検討する」と述べた。

【関連ニュース】
全日本学生児童発明くふう展:表彰式 常陸宮ご夫妻も出席
全日本学生児童発明くふう展:東京で表彰式
第3部・削減を阻むもの/1(その2止) バイオ燃料で規格争い
みにニュース:「県菜の花プロジェクト推進協議会」にアサヒビールが寄付 /岡山
BDF:県内初の路線バス、廃油燃料で出発--松江 /島根

三宅島空港でも気圧誤送信、5便が目視修正(読売新聞)
オウム給付金、8割が申請=後遺障害は想定の4.6倍-警察庁(時事通信)
【ワイドショー通信簿】鳩山弟の自民離党 「さんざんな評判」の理由
阿久根市長きょうも欠席、特別委審議打ち切り(読売新聞)
「三原則への思い、欺いた」=密約存在に遺憾表明-長崎市長(時事通信)

芭蕉の句は「氷の僧」か「こもりの僧」か (産経新聞)

 【麗し大和・記者の裏話】(11)

 3月7日の「【麗し大和】(10)お水取り」で、芭蕉の句「水とりや氷の僧の沓の音」を紹介したら、「こもりの僧」ではないか、との問い合わせの電話やはがきをいただいた。中には詳しい番地が書いていないはがきもあり、お答えすることができないので、ここで少し説明をさせていただくことにする。

      ◇

 芭蕉は生涯に5回、奈良を訪れている。初めて奈良を訪れたのは貞享2(1685)年2月のこと。それをまとめたのが「野ざらし紀行」だ。

 そのなかに、「二月堂に籠(こもり)て」とあり、「水とりや」の歌が詠まれる。ところが現在、「氷の僧」とするものと、「こもりの僧」とするもの、2種類の形が伝えられていて、混乱が生じている。今回、「こもりの僧ではないか」との問い合わせをいただいたのはそういうことだった。

 実は取材するなかで、圧倒的に(パンフレットや展示パネルなどでも)「こもりの僧」としているのが多かったのは事実である。ただ、和歌や俳句の場合、漢字やおくりがななど参照する書物によって表記がまちまちなのはよくあることで、いつも複数の解説書や現代語訳を含めて目を通し、確かめることにしている。で、今回も調べたところ、「氷」と「こもり」の2種類あることに気が付いた。

 結論としては、「氷の僧」が正しいと考えざるを得ない。「大和路の芭蕉遺蹟」(増田晴天楼著、奈良新聞社)の説明がわかりやすかったので、かいつまんで引用させていただく。(記者による補完あり)

 「氷の僧」の出典は、「甲子吟行」(野ざらし紀行)と「芭蕉庵小文庫」(元禄9、1696年)。「甲子吟行」は芭蕉の真筆とされているし、いずれにもはっきりと漢字で「氷の僧」と書かれていて、疑う余地はないのではないか。かなで「こおり」ならば、「こもり」と間違うこともあり得るかもしれないが…。

 「こもりの僧」の出典は、江戸中期の俳人、蝶夢の「芭蕉翁絵詞伝」(寛政5、1793年)と「芭蕉発句集」(安永3、1774年)で、いずれも芭蕉(1644~1694)没後100年ほど経過して書かれたもの。「氷の僧」では意味が通りにくいと考えた蝶夢が、「こもりの僧」と書き換えたのではないかとみられる。

 以上の検証をもとに、これまでもさまざまな研究者の意見があり、「こもりの僧」とするほうが、作品として優れているという意見もあるようだ。

 また、芭蕉が二月堂で、「こもりの僧」を「氷の僧」と聞き違え、極寒のなかで参籠する様子を見たこともあっておもしろい表現だと思い「氷の僧」とした…と想像をふくらませる解釈もあった。詳細は「大和路の」をご参照ください。

 というわけで、「氷の僧」が正しいと記者は判断している。ただ、「こもりの僧」とする句があまりにも普及したため、また意味が通りやすいこともあって、いまも「こもり」と表記されることも多いようだ。個人的には「氷の僧」の方がいかにも寒々しいなか、石畳に張った氷を踏みしめ参籠する練行衆の姿をみごとに表現しているように思えて、好きである。(山上直子)

【関連記事】
聖なる舞台「お水取り」 東大寺
漆黒の聖女に癒やされて 中宮寺の菩薩半跏像
平城京遷都は急がなくていい? 女帝がしぶったワケ
橘三千代の“平城京シンデレラストーリー”
阿修羅さまは休暇中 「興福寺国宝館」がリニューアル閉館中
20年後、日本はありますか?

700万自腹で払って運転士に そんなお金持ち現れるのか(J-CASTニュース)
高知の川に乳児遺体(時事通信)
小児専門病院を臓器提供施設に=「5類型」提案-研究班(時事通信)
<日米密約>長期の不明「遺憾」 公開ルール検討へ…外相(毎日新聞)
<東京大空襲>朝鮮人被災、忘れないで…包括的証言集を出版(毎日新聞)

張が先勝=囲碁十段戦(時事通信)

 囲碁の張栩4冠(十段、王座、碁聖、棋聖)に山下敬吾天元が挑戦する第48期十段戦5番勝負の第1局が4日、新潟市岩室温泉の高島屋で行われ、午後5時34分、141手で黒番の張が中押し勝ちした。持ち時間各4時間のうち、残りは張41分、山下1分。第2局は25日、東京都千代田区の日本棋院で行われる。 

【関連ニュース】
張が山下破り、棋聖位奪取=囲碁七大タイトル制覇
山下が勝ち1勝3敗=囲碁棋聖戦
張が3連勝=囲碁棋聖戦
張が2連勝=囲碁棋聖戦
囲碁の謝が女流3冠独占

風船が一瞬で破裂…出回る違法「レーザーポインター」 (産経新聞)
<コンテナ新法>積み荷情報通知義務付け トレーラー事故で(毎日新聞)
【ニッポンの食、がんばれ!】大豆レボリューション(産経新聞)
松原市長が謝罪 ごみ“ヤミ処分”問題(産経新聞)
自民執行部は「谷垣おろし」の火消しに躍起 舛添氏は今日も批判(産経新聞)

原口総務相はツイッター? 3閣僚遅刻問題(産経新聞)

 前原誠司国土交通相、仙谷由人国家戦略担当相、原口一博総務相の3閣僚が参院予算委員会に遅刻した問題で、平野博文官房長官は3日午前の委員会終了後、3閣僚に口頭で注意した。

  [フォト]本当に反省している? 陳謝する原口氏の後ろで笑顔を見せる仙谷氏

 原口氏は同日昼、記者団に「事務方のミスで午前9時開会だと認識していた」と釈明。原口氏は午前8時50分すぎにミニブログの「ツイッター」に書き込みまでしていた。

【関連記事】
予算委遅刻の前原、仙谷、原口3閣僚平謝り 官房長官「猛省を促す」
前原、仙谷、原口3閣僚が異例の予算委遅刻 予算成立確定で気の緩み?
国家戦略相がルーズって…遅刻の常習犯、仙谷氏は大丈夫?
首相、小沢氏に4日の会談否定され「幻と会った…」
小沢氏は? 「遅刻が多い」と民主議員退席 参院厚労委が流会に
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

伊勢崎市で民家全焼4人死亡 2人に撃たれた跡(産経新聞)
京橋花月 吉本・辻本座長と松竹・渋谷代表“歴史的共演”(毎日新聞)
新幹線つばめ 新800系を陸送 鹿児島(毎日新聞)
協議機関設置、野党に呼び掛け=企業献金見直し-与党3幹事長が確認(時事通信)
北教祖事件 渡部氏「本当に恥ずかしく残念」(産経新聞)

<北沢防衛相>受け入れ自治体には振興策を 普天間移設で(毎日新聞)

 北沢俊美防衛相は7日、長野県茅野市内の会合であいさつし、米軍普天間飛行場の移設問題に関し「政府が解決の意思をみせることで、代替案を受け入れていただく地域に安心感を作らなければならない」と述べた。県内移設を念頭に、受け入れ自治体の要望に沿った振興策などを実施する考えを示した。「ロードマップにはないが、沖縄で『どうしても解決してほしい』と知事や市長たちが言ってくる課題がある」とも指摘した。振興策を巡っては、前原誠司沖縄・北方担当相が6日、「仮に県内であれば沖縄振興計画とは別個の経済対策があってしかるべきだ」とした。【仙石恭】

【関連ニュース】
空自官製談合:空幕長が「悪意なし」発言 会見後に訂正
普天間移設:現行案決着は困難 防衛相、米側に伝え済み
官製談合:空自で 公取委が改善措置要求へ
津波:航空機70機など出動 自衛隊が情報収集などで
北沢防衛相:小沢氏は参院選前に出処進退の説明を

中学生にわいせつDVD配布=ゲーム店の景品、経営者逮捕-熊本(時事通信)
<明石市歌>“豪華”にCD化 100枚を販売(毎日新聞)
奈良・観音寺本馬遺跡 縄文のクリ林発見 人為的に栽培(毎日新聞)
愛子さまが「乱暴」で学校お休みに(産経新聞)
首相、普天間で沖縄への説明「遠くない時期」(産経新聞)

<宮城アパート火災>重体の2歳長男も死亡(毎日新聞)

 宮城県名取市増田のアパートで2月22日、会社員、三上貴志さん(40)方が全焼した火災で、意識不明の重体だった長男芯(しん)ちゃん(2)が3日夜、入院先の病院で死亡した。県警岩沼署は司法解剖して死因を調べる。

 同署によると出火当時は両親が不在で、芯ちゃんと一緒に留守番していた長女ののかちゃん(4)も火災の3日後に死亡した。【鈴木一也】

【関連ニュース】
群馬たまゆら火災:理事長、施設長を起訴 業過致死罪
火災:アパート爆発 1人死亡3人やけど 福島・矢吹町
火災:住宅全焼1人死亡 栃木・真岡
火災:団地の1室全焼2人死亡  山梨・南アルプス
火災:住宅全焼 認知症の母親と帰省の長男焼死か 長野

首相動静(2月26日)(時事通信)
北教組幹部ら黙秘=会計担当は一部否認-小林氏陣営の政治資金規正法違反(時事通信)
羽田濃霧欠航、裁判官戻れず判決延期…函館(読売新聞)
養殖ロープや材木漂流=航路障害に、一部で休校も―宮城、岩手県(時事通信)
7年前の松原放火、供述 神奈川 無銭飲食で出頭の男(産経新聞)

チリ大地震 気象庁擁護論「過少予測の方が問題」(産経新聞)

 「津波の予測が過大だった」。気象庁は1日、南米チリで発生した巨大地震で日本列島に押し寄せた津波が予測を大幅に下回り、警報も長引いたことを謝罪したが、避難住民や避難勧告を出した自治体からは「むしろ過少な予測の方が大問題」などの擁護論が目立った。ただ、同じような事態が続けば、住民が「今回も大丈夫だろう」と受け流しかねず、予測精度の向上を求める声も多い。

 「予測が過大だと非難しているのは内陸の人たちでは」。津波で店舗が浸水した宮城県気仙沼市の斎藤吉郎さん(54)は、気象庁の津波情報は適切だったとみる。これまでに大小4回の津波を経験している斎藤さんは、気象庁の情報をベースに地元の言いつたえや経験則で判断し、「情報はおおげさなくらいがちょうどいい」というのが率直な感想だ。

 岩手県山田町の団体職員、佐々木生太郎さん(59)は高台の神社に地域の約50人と避難した。佐々木さんによると、町の避難指示が夜遅くまで続くなか、勝手に自宅に帰った人も多かった。「万一のこともあるのだから、指示は守るべきだ」と振り返った。

 宮城県石巻市防災対策課の平松進危機管理官(56)は「避難解除の時間について住民からの苦情はなく、個人的には気象庁の判断は最善だったと思う」と評価した。

 東名高速や国道1号といった幹線道路が一時通行止めとなり、10万世帯以上に避難勧告が出された静岡県では、最大60センチの津波が記録されたものの、大きな被害はなかった。62人が登庁した同県危機管理局の担当者は「最大のリスクに備えるのが行政の役目。過小予測であれば大問題だが、少し大きめに警告してもらうぐらいでいいのでは」。

 約1万5千世帯に避難勧告を出した同県焼津市も同様の見方を示す。「昭和35年のチリ地震の津波では国内で多数の死者が出た。今回の予測は空振りだったとしても被害がなくてよかった。ある程度の注意喚起は必要だ」(市防災課)。

 警報・注意報の解除を受け、住民には安堵(あんど)とともに疲労感も漂った。

 岩手・釜石港近くの自宅で過ごした自営業の女性(68)は「浸水するかもしれないと心配していた。目が覚めたら、警報が解除されていたので安心した」と笑顔。岩手県久慈市内の避難所で一夜を過ごした無職の欠畑キクノさん(80)は「おっかないと思い、すぐ避難所へ向かった。(1日の)朝5時すぎに帰宅したが、疲れた」と話した。

 一方で、気象庁への手厳しい批判もある。静岡市葵区の主婦、大石美帆さん(30)は「警報は大げさだったと思う。実家が海辺なので親族は避難したが、被害はなかった。こういうことが続けば、絶対に避難しなければならない災害時に、(住民が)今回も大丈夫だと決めつけることになりかねない」と予測の精度向上に注文をつけた。

【関連記事】
すべての津波注意報解除「予測過大だった」気象庁謝罪 チリ大地震
チリ大地震 日本経済への影響懸念 銅や水産物輸入に打撃も
チリ大地震 日本、2億7千万円上限の緊急無償資金協力へ
チリ大地震 津波で養殖施設に深刻な打撃 岩手、宮城などで
前代未聞…大津波警報でオープン戦が中止
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

橋下知事「抜群の経済対策」と自賛(産経新聞)
新型インフルによる血液製剤回収を取りやめ(医療介護CBニュース)
二所ノ関部屋マネジャー?首つり自殺 大阪(産経新聞)
<外交文書>公開ルールを外部有識者で検討へ…岡田外相(毎日新聞)
【東京マラソン2010】30年…届いた初恋ラン 74歳、婦“走”夫随(産経新聞)

<新宿指輪強奪>容疑者逮捕 韓国当局(毎日新聞)

 東京都新宿区のデパート「新宿三越アルコット」で昨年12月、ダイヤモンドの指輪4点(計約1500万円相当)が奪われた事件で、韓国の捜査当局が26日、事件に関与したとして韓国人のチョン・ヨンヒ容疑者(40)を逮捕したことが分かった。警察庁を通じて警視庁に連絡があったという。

 捜査関係者によると、チョン容疑者は新宿の事件と今年1月に台湾のデパートで指輪2点(約3500万円相当)が盗まれた事件への関与を認めており、台湾の事件でも逮捕された。チョン容疑者は台湾の事件後、韓国に戻っており、26日午前に自宅近くで身柄を確保されたという。

 警視庁組織犯罪対策2課は、現地の法律で処罰する「代理処罰」を韓国の捜査当局に求める方針。【古関俊樹】

【関連ニュース】
指輪強盗:三越の宝石店 容疑者画像を公開 警視庁
宝石強盗:男が指輪4点奪って逃走 新宿三越内の店舗から

Hs 123 (航空機)
【日本で働きたい インドネシア人看護師の挑戦】(上)のしかかる言葉の壁(産経新聞)
「容疑者国選弁護」で水増し請求 岡山の弁護士逮捕(産経新聞)
<JR東海>架線切れ事故で再発防止策 常務ら処分(毎日新聞)
仮病で市議会欠席、ハワイから病欠届け出(読売新聞)

コノシメトンボ

コノシメトンボ(小熨斗目蜻蛉、学名 Sympetrum baccha matutinum )は アカネ属のトンボの一種。和名は「小型のノシメトンボ」の意である。日本全国に分布する。国外では中国南部から台湾にかけて、より大型な原名亜種オオアカネ Sympetrum baccha baccha が分布する。形態 胸部の比較 左上)ノシメトンボ・右上)コノシメトンボ ・左下)リスアカネ・右下)マユタテアカネ成虫は翅の先端に黒褐色の斑紋がありノシメトンボに似るが、体長は38?45mm程度とひと回り小さく、体型はやや太めである。雄の尾部上付属器の先端は若干上に反り返っている。雌は顔面の額上部に小さな眉班(ビハン)を有する。雄にはこの眉班はない。熨斗目模様と呼ばれる腹部の黒斑はノシメトンボと比べるとごくわずかしかない。また本種の特徴として、胸部側面の3本の黒条のうち、前から2本目が途中で後方に折れ曲がったのち3本目に合流し、まるでひらがなの「つ」の字を傾けたように見える。赤とんぼの仲間でこのような胸部斑紋を持つ種は他には存在せず、識別上重要である。幼虫は典型的な赤とんぼ型のヤゴで、タイリクアカネに酷似する。腹部第8節の側棘の長さは第9節の末端まで届かない。生態成虫は7月上旬頃から羽化し、遅いところでは12月上旬頃まで見られる。平地から低山地にかけての開放的な池沼、水田などで見られ、学校のプールにも好んで飛来する。未熟なうちは雌雄とも体色は黄褐色をしており、成熟した雄はナツアカネ同様全身が赤化するが、雌は成熟しても背面の橙色が濃くなる程度である。成熟後は移動性・分散性共に高く、他の赤とんぼの仲間と比べて地面や丸太などの平らな面にへばり付くように止まる習性が強い。ノシメトンボとは異なり、何もない水面で連結打水産卵を行う。このためプールで見つかるヤゴは本種かタイリクアカネであることが多い。関連項目赤とんぼウィキメディア・コモンズには、コノシメトンボに関連するカテゴリがあります。 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%8E%E3%82%B7%E3%83%A1%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%9C」より作成カテゴリ: トンボ隠しカテゴリ: 動物関連のスタブ項目

千葉法相が参政権で「議員立法が適切」(産経新聞)
船田前議員、新潮社を提訴=不倫疑惑報道は名誉棄損-宇都宮地裁(時事通信)
滋賀の名神高速で5台が多重衝突、5人重軽傷(産経新聞)
ヤミ移植仲介業者との関係調査を各大学に要請―長妻厚労相(医療介護CBニュース)
強風、大雪に警戒呼び掛け=北・東日本で冬型続く-気象庁(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。