スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コノシメトンボ

コノシメトンボ(小熨斗目蜻蛉、学名 Sympetrum baccha matutinum )は アカネ属のトンボの一種。和名は「小型のノシメトンボ」の意である。日本全国に分布する。国外では中国南部から台湾にかけて、より大型な原名亜種オオアカネ Sympetrum baccha baccha が分布する。形態 胸部の比較 左上)ノシメトンボ・右上)コノシメトンボ ・左下)リスアカネ・右下)マユタテアカネ成虫は翅の先端に黒褐色の斑紋がありノシメトンボに似るが、体長は38?45mm程度とひと回り小さく、体型はやや太めである。雄の尾部上付属器の先端は若干上に反り返っている。雌は顔面の額上部に小さな眉班(ビハン)を有する。雄にはこの眉班はない。熨斗目模様と呼ばれる腹部の黒斑はノシメトンボと比べるとごくわずかしかない。また本種の特徴として、胸部側面の3本の黒条のうち、前から2本目が途中で後方に折れ曲がったのち3本目に合流し、まるでひらがなの「つ」の字を傾けたように見える。赤とんぼの仲間でこのような胸部斑紋を持つ種は他には存在せず、識別上重要である。幼虫は典型的な赤とんぼ型のヤゴで、タイリクアカネに酷似する。腹部第8節の側棘の長さは第9節の末端まで届かない。生態成虫は7月上旬頃から羽化し、遅いところでは12月上旬頃まで見られる。平地から低山地にかけての開放的な池沼、水田などで見られ、学校のプールにも好んで飛来する。未熟なうちは雌雄とも体色は黄褐色をしており、成熟した雄はナツアカネ同様全身が赤化するが、雌は成熟しても背面の橙色が濃くなる程度である。成熟後は移動性・分散性共に高く、他の赤とんぼの仲間と比べて地面や丸太などの平らな面にへばり付くように止まる習性が強い。ノシメトンボとは異なり、何もない水面で連結打水産卵を行う。このためプールで見つかるヤゴは本種かタイリクアカネであることが多い。関連項目赤とんぼウィキメディア・コモンズには、コノシメトンボに関連するカテゴリがあります。 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%8E%E3%82%B7%E3%83%A1%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%9C」より作成カテゴリ: トンボ隠しカテゴリ: 動物関連のスタブ項目

千葉法相が参政権で「議員立法が適切」(産経新聞)
船田前議員、新潮社を提訴=不倫疑惑報道は名誉棄損-宇都宮地裁(時事通信)
滋賀の名神高速で5台が多重衝突、5人重軽傷(産経新聞)
ヤミ移植仲介業者との関係調査を各大学に要請―長妻厚労相(医療介護CBニュース)
強風、大雪に警戒呼び掛け=北・東日本で冬型続く-気象庁(時事通信)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。